07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

SFG - Strategy of Football Game - MADDEN NFL , NCAA Football

MADDEN NFL , NCAAシリーズを戦略面から楽しむためのサイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

Formation Breakdown 4 (2WR 1TE) 

1TE 2WRのセットの紹介です。FBを置く2Backs隊形で使われるレシーバーのフォーメーションです。

2WR1TE

1 Pro
 もっともスタンダードな隊形と言っていいでしょう。パス・ランともに展開できるバランスのいいセットです。逆に言えば特徴がなく、ビッグゲインを積極的に狙っていくのには適さないといえるでしょう。パス・ラン・プレイアクション・スクリーンとバランスよくコールし、相手に的を絞らせないことが重要といえます。

2 Twins
 ワンサイドにWRを2枚配置した隊形ですので、ゾーン・マンのプレリードはほとんどの場合、一目でわかります。
 1のProと2のTwinsはFLのモーションでそれぞれ互換するので、モーションを使って、より相手に的を絞らせないようにすることが出来ます。

3 Twins Flex
 Flexという単語が今後もよく出てきますが、Flexは「適応させる」という意味で、わかりやすく「原則の隊形から変形させたもの」と捉えておいてください。
Twins FlexではWRのレシーバーが逆の位置になっています。外側のレシーバーはLOSより下がるのでCBのバンプの影響を受けづらくなります。内側は逆に受けやすくなりますね。

4 Close
 Closeでは2枚のレシーバーがラインに近いところにセットします。そのメリットは何でしょうか。一つは、ディフェンダーを密集させることが出来るということです。特にマンツーマンディフェンスに対しては、マークの受け渡しやディフェンダー同士を交錯させることにより大きなセパレートを作るという攻略の仕方がありますが、ディフェンダーを密集させることでこれを起こりやすくすることが出来ます。もう一つのメリットはオープンプレイを出しやすくすることにあります。オープンプレイではWRがCBをしっかりブロックすることが成功条件の一つとなりますが、WRが内側にセットすることでHBがCBの位置に到達する時間が短くなり、よりWRのブロックが効いているうちに外をまくれる可能性が高くなります。

5 Close Twins
 文字通り、CloseとTwinsの組み合わせです。それほど見られるフォーメーションではないですが、Weak-Close Twinsで2枚のレシーバーの外側をまくるランプレイを仕掛けてくる相手をたまに見ますね。

6 Twins Over
 左のTが右のTを超えて(Over)、セットしています。狙いはすぐわかると思いますが、右サイドへのパワープレイです。とくに、ゾーンを敷いている相手に対しては、ストロングサイドでパワーと数的優位を作ることが出来、確実なショートゲインと高い確率でのロングゲインが見込めます。
スポンサーサイト

カテゴリ: Formation Breakdown

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://footballgaming.blog114.fc2.com/tb.php/51-bdba5368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。