07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

SFG - Strategy of Football Game - MADDEN NFL , NCAA Football

MADDEN NFL , NCAAシリーズを戦略面から楽しむためのサイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

ONLINE STRATEGY 2 ~BLITZ対策 2 

 前回に引き続き、ゾーンカバレッジのブリッツに対する対処法です。ゾーンカバレッジでブリッツをかける目的は、QBサックはもちろんですが、判断を焦らせてINTを狙う点にあります。逆に言えば、焦ってしまえばこちらの負けです。以下、数点対処法を記載するので、冷静に判断してパスを投げましょう。これらの対処が成功してくれば相手はブリッツをかけられなくなるはずです。

1 王道的対応(ブリッツを入れた選手のいたゾーン)に投げる

 ゾーンカバレッジのブリッツの対策を考えるにあたり、当たり前の前提を確認します。ゾーンはフィールドを分割してディフェンダーが各自の責任ゾーンを守るというディフェンスです。従って、ブリッツが入ると必ず守れないゾーンが出てきます(主にブリッツに入ったディフェンダーが居た位置)。そこで、ブリッツをゾーンからのブリッツを仕掛けてくる相手に対しては、どこからブリッツが入っているかを見極めてそこを突くプレイを選択していくのが王道的な対応となります。
 しかし、注意すべき点もあります。それはブリッツに入ったディフェンダーがいた位置を他の選手がフォローするディフェンスのプレイがあります。その典型が前回述べたゾーンブリッツです。上級者にはこのゾーンブリッツをうまく混ぜてくる相手(これをやってくる相手は相当アメフトの知識もあって強い方なんで、パス狂としては燃えますw)もいますので、オートマチックに投げるのではなく、必ずディフェンダーの位置は確認して投げましょう。

Vs Zn Blitz 1

 この図では一つの例として、ブリッツに入ったMLB(ILB)のいた位置をTEがドラッグで突いています(ドラッグはホットルートで指示できます)。

2 フラットゾーンを狙う

 1で王道的な対応といっておいてなんですが、1の後半で他のディフェンダーがフォローに入る場合といいましたが、これが結構多いです。特にQBの前のミドルゾーン(maddenではフックゾーンとよばれるところ)はSSがフォローに入ることが多いので、そんなにガラ空きになることはあまりありません(もちろんパスは通りやすくなります)。
 しかし、ゾーンカバレッジのブリッツで空きやすいゾーンがあります。それがフラットゾーンです。理由はCover3、4の場合はCBがサイドライン際のDeepに下がるのが通常であり、その場合Flatを含めた浅いゾーンを守るのはLB陣(及びSS)となります。しかし、ブリッツに入るのもLB陣であり、ブリッツに入った場合少ないLBの人数で浅いゾーンをカバーすることになります。この場合QBの正面のゾーンとフラットゾーンのどちらかのカバーを捨てるとすれば、当然フラットを空けることになるでしょう。・・・そんな理由付けは覚えなくてもかまいませんので、「ゾーンカバレッジのブリッツではFlatが空きがちだ。」と覚えておいてください(Cover 2のときは除く)。

(例)Gun-Empty Trey / Quick Slants vs Dime Normal / Fire Fox Zone

Vs Zn Blitz 0


 この例ではディフェンスはストロングサイドからのオーバーロードブリッツでQBをDBのブリッツで一気に仕留めに来ます。もちろんスライドプロテクションでもある程度防げるでしょうが、HやYのフラットへのクイックパスを狙ってみましょう。ブリッツを狙う側としてはフラットへのクイックは非常にイヤなものです。これを決められると守る側もブリッツ一辺倒ではダメだなと悟るでしょう。そこで、ブリッツが止んだところにこちらから得意のパスやドローで仕掛けていきます。それが駆け引きです。

3 スクリーン

 ブリッツ対策として最もポピュラーなプレイといえるのがスクリーンパスです。QBがラッシャーを引きつけつつ、ラッシャーの裏へパスを投げます。ラッシャーの数が多いほど効果的です。
 HBスクリーン、WRスクリーンが基本的なスクリーンパスとなりますが、マンカバーの時にはスクリーンパスを受けるレシーバーについているディフェンダーに注意が必要です。スクリーンブロックに出たOL等がこのディフェンダーをブロックする又はしそうなタイミングで投げる必要があります。ただ、maddenでは全然このディフェンダーをブロックに行かないこともあるので、その場合は投げてもロスタックルになります(最悪INT)。HBスクリーンの場合はLBやSSがHBにつくことが多いと思いますが、同様の注意が必要です。ただ、LBやSSはスクリーンのブロックに引っかかってくれやすいので、マンカバーに対してはHBスクリーンの方が機能するようにおもいます。
 ゾーンカバレッジのブリッツに対しては、上で述べたようにフラットゾーンは狙い目となるので非常に有効なプレイとなります。とくにWRスクリーンではビッグゲインが狙えるでしょう。

4 トス・ピッチプレイ

 これはゾーンカバレッジのブリッツに限ったことではないのですが、インサイドブリッツに対しては特に有効です。快足HBのいるチームでは狙っていきましょう。これが決まると相手はインサイドからのブリッツを仕掛けられなくなるはずです。

5 HBへのサークルパス

 オーバーロードブリッツに対しては非常に有効なルートです。ブリッツが来るサイドに向かってHBを出すことで、完全に裏を取ることが出来ます。HBがLOSを超えるか超えないかあたりで投げるのがコツです。アングルルートでも代用は可能です。このルートはゾーンブリッツやマニュアルで対処しなければ止めるのが難しいルートです。オーバーロードブリッツをしきりに狙ってくる相手にはこのルートで裏を突いてやりましょう。

6 クイックヒット

 スナップの直後にレシーバーにパスを出します。フラットやシームがよく使われるルートです。ここではフラットへのパスの例を示します。(上の2とかぶるように思われますが、ここでは位置的関係に注意してください)
 
Vs Zn Blitz 2


 上の図で注目してほしいのは、NB(緑の三角)とスロット(U)の位置関係です。このディフェンスプレイはQBの左サイドからの典型的なオーバーロードブリッツですが、NBはQBを少しでも速くサックできるようにREの真横まで上がってきています。このプレイではNBはブリッツにいってますが、たとえNBがフラットをカバーにいっても、セット時に位置関係ですでに引き離されているため、Uへのクイックヒットを止めることは出来ないでしょう。オーバーロードブリッツを仕掛ける場合、よくDLの横までラッシャーを上げてくる人がいるので、そういう人にはこのパスをヒットさせることで、この位置にラッシャーをセットさせることを躊躇させることが出来るでしょう。
 注意点は、CBです。カバー2などでは、CBがフラットに残ることがあります。特にアンバンプの位置(引いた位置)にいるCBはXをバンプせずに直でフラットに上がってくるので、その場合には高確率でINTになり、フラットゾーンでのINTは直接独走リターンTDにつながります。
 なお、このことはドローやインサイドランを警戒して、中央にディフェンダーを集める傾向にある相手にも有効です。
スポンサーサイト

カテゴリ: ONLINE STRATEGY

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://footballgaming.blog114.fc2.com/tb.php/42-efb646b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。