07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

SFG - Strategy of Football Game - MADDEN NFL , NCAA Football

MADDEN NFL , NCAAシリーズを戦略面から楽しむためのサイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

PASS OFFENSE 虎の巻 3 (パスカバーを知る~2 Man、3 Man、Dbl Man) 

1 2 Man
2 Man


 最もメジャーな守備のプレイといってよいが、マンカバーの弱いゲーム(Madden 11)だとミドル以下にどんどんパスを通されてしまう。しかし、Deepパスについては、SとCBでダブルカバーをすることができるため、3rd&Longや、リードしている場面での2 minutesでは有効なプレイです。NCAA 11などマンカバーのきついゲームだと使い勝手のいいプレイとなります。

【読み方】
・S2人がDeepで左右に開く
【長所】
・保守的な守り方で、試合開始直後、相手の出方をうかがうときにおすすめ。
Deep Zoneはダブルカバーになることが多く、Deepのケアに優れる。
【短所】
・人数的にBlitzは原則として入れられない(Blitzを入れるとなると、フリーのレシーバーを作らねばならない)。
・Deepの中央に走り込むPostルートにはやや弱い
Horizontalルートには弱い(パスラッシュが弱いので、判断時間も長くとれる)。

2 3 Man

3 Man


 これを使っている人は少ないようですが、Deepは鉄壁になるため、2 Manよりさらに完璧にDeepをケアしたい場合には使えます(DLが3人の隊形しか、人数的に成立しないので、あらかじめプレイとして含まれている隊形は少ないです。Nickel 3-3-5、Quarterなど)。

【読み方】
・S2人がDeepに残り、DBが1人Deepに下がる。
【長所】
鉄壁のDeepケア
【短所】
・人数的に3 Men Rushしかなく、パスラッシュは非常に弱い
・2 Manと同じく、Horizontalルートには弱い

3 Double Man(Double X,Double Y(TE),Double Z etc.)

Double Man


 Cover1の派生と考えてよいプレイです。特定のレシーバーを2人でマンカバーします。相手にスーパーレシーバーがおり、そのレシーバーへのパスが強く予想される場合に選択すると効果を発揮します。たとえば、アンドレ・ジョンソンに向かって1対1で彼の能力に期待するようなパスを相手が頻繁に利用している場合に、Double Zで彼をダブルカバーすることで、パスを通りにくくすることができます。
 *X,Y,ZというのはWRの呼び方として通っているものなので、覚えておくといいと思います。
  X:SE Y:TE/SL Z:FL

【読み方】
・Sのうちの1人がDeepの中央に寄り、もう一人が特定のレシーバーをカバーに行く。Double X(Z)の場合は、プレリードの段階で、どちらかのSがX(Z)の方向に開いてセットします。
【長所】
・特定のスターレシーバーにパスを通させなくする
【短所】
・Deepのカバーは0枚または1枚となり、ダブルカバーをしていないレシーバーはCover 0,1と同じと考えなければならないその上、Cover0,1のようなBlitzは人数的にできないので、必然的に他のレシーバーにパスを通されやすくなる。

スポンサーサイト

カテゴリ: PASS OFFENSE

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://footballgaming.blog114.fc2.com/tb.php/14-faf72828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。