05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

SFG - Strategy of Football Game - MADDEN NFL , NCAA Football

MADDEN NFL , NCAAシリーズを戦略面から楽しむためのサイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

NCAA 12 期待大! 

昨夜、NCAA 12のデモ版(XBOX360)が来たので早速やってみました!
一言でいうとかなり良い出来。期待大。

MADDENとちがってNCAAはプレイ層がかなりマニアックなので、万人受けということを考えずに進化させられるのかもしれません。11の改善点をまじめに直して、より楽しくした正統進化に成功しています。正直、デモの段階でこのレベルとは思いませんでした。。。ほめすぎですが、だいたいデモ版というのは大丈夫なのか??というレベルで出してくるので、これくらいの出来で出てくるということは、どうしても正規版も期待してしまいます。

以下、5試合くらいした(1Q2分、All-American)私の感想。

<<オフェンス>>

●バブルスクリーンのSEのブロックがまともになった
 11ではマジメにやれよ的なブロッキングも多かったが、しっかりスロットの走路を開くようにブロックしている。ブリッツキラーとしての役割を期待できそうです。
●ランではプレイ同士の相性がより鮮明に
 ブロッキングのさらなる進化といってもいいかもしれません。ランは少ししかやっていませんが、ランニングレーンにブリッツが入ってくるとロス、ブリッツとすれ違いになるとビッグゲイン。そういう当たり前のことがよりしっかりと再現されているような気がしました。(あいまいですいません)
●プレイの種類が増えた
 ざっと見たところ、おっ!と思うプレーもありました(ひょっとしたら11にもあったかもしれませんが、130ものPBをチェックするのは無理w) PA Boot ScreenとかSwing Screenをやってみましたが、なかなか決まるときもちいいですね。こういう奇策的なプレーは変態としては大歓迎。
●キャッチ後の動きがリアルになった
 Adjustment(Game Plan)でCatchingをコンサバに振っていたせいもあるでしょうが、しっかりキャッチするあまりディフェンダーにすぐ寄られてしまう場面も。AdjustmentをRAC重視に変えれば、キャッチ後を意識した動きになるのかもしれません。11ではCatchingはとりあえずコンサバみたいな感じだったので、これは改善点といえそうです。

<<ディフェンス>>
 ディフェンスはかなり改善されていますね!パッサーには厳しい。

●ゾーンディフェンスの改善
 これは公式に大きな特徴として示されていますが、実感としてかなり進化しています。一言でいうと反応がよい。
 Cover3には4タテみたいな定石がありますが、SSが右のスロットをしつこくケアしつつ、左のスロットはFSが寄っていくみたいな動きが見られました。Cover2に対して、サイドライン際のタテに投げるのも定石の一つですが、Sのよりが良くて、たたき落とされたり(もちろんしっかりしたタイミングで投げれば通りますが)。
 Cover1や3のときに、Deepの真ん中を守るSが不用意に下がりすぎるという点は以前にも指摘しましたが、これもかなり改善されていて、いままでの感覚でMLBの後のスペースを狙うと痛い目を見ます。
 パッサーにはかなりつらいシーズンになりそうですが、ディフェンスが正統に進化したのなら、逆に燃えますね。
●マンカバーのタイトさは相変わらず
 NCAAのマンカバーは11から結構厳しかったですが、12ではさらに厳しくなっている気がします。そのうえに、Dにつかれている状態ではかなりドロップすることが多い気がします。
 さらにさらに、他の選手をマークしてたDBの背中を通して奧に投げようとしたら、そのDBが反応してパスをたたき落とした場面があったり、油断なりません。現実にはボールを全くみず、対象選手のケツばかり追い回しているわけでもないわけで、飛んできたボールが見えたらたたき落とすというのは当然なんですが。この点が、マンカバーをより強固にしています(いつもそうなるわけではないようですが、パッサーにはやりにくくなりました)。
 ただ、ルートを交錯させて1発TDも可能だったので、しっかり対策すればどうにもならないことはないです。この辺の厳しいけどしっかり対策すれば何とかなるという辛めのバランスがなんとも最高。
●INT、ユーザーピック万歳仕様
 なんだかディフェンスの改善が目立ちますが、INTをしっかり決めてくる点もデモ版をやったときにかなり印象に残りました。下手こくとすぐにINTされます。まぁ正面飛んできたのをいままでみたいにポロポロこぼす方がおかしいのであって、この点もプラスに捉えたいですね。ユーザーピックもやりやすい気がしました。ほんとにパッサー殺しのNCAA12になるかもしれません。
●新しいコリジョンシステムはいい感じ
 動きがより物理的になっています。力の方向に素直に流れるといいますか。よりリアルになりましたね。
●プレイ数の増加
 4チームのブックだけでは何とも言えないのですが、ディフェンスのプレイはかなり増えた気がします。とくに、カバレッジのディスガイズ(ローテとかインバート)が増えてます。ディフェンスではこういったプレイをうまく使ってカバーを読ませないこともかなり重要になってくると思います。

<<その他>>
●3ボックスのプレイ選択
 11では左右にしかプレイ選択画面を動かせなかったので、40プレイくらいあるとお目当てのプレイに到達するまでがストレスフル!私的には一番NCAA11で悪い点だと思ってた部分を見事に修正してくれました。すばらしい!
●3D芝・ライティング
 正直遠目だとよくわからないw ライティングは進化したということだが、確かに映像はきれいになった気がする。
●投げ損ないがリアル
 プレッシャーかかってサック寸前で投げると、浮いたり、あさってに飛んだり、地面にたたきつけるようになったりと、よりリアルな感じだね。
●アジャストメント、ディフェンスキー
 12の動画で「Game Plan」という表示がなくなってたから、あのナイスな機能がなくなってしまうのかと危惧してましたが、「Adjustment」という機能に変わってただけでした。「Defense key」という特定の選手を集中的にマークしたり、ラン警戒、パス警戒といった指示の出せる機能も健在。


<<ネガティブな点>>
●キックオフリターンが出過ぎ
 11のリターンは厳しかったですが、12のリターンは緩すぎ。すでに2回リターンTDを記録し、50ヤード近くまでいったことも。MADDEN11を甘くした感じ。おそらくチューニングが入るとは思いますが。
●白目が怖いw
 選手の目の色が薄いのかよくわかりませんが、生気を失ったような目をすることがw怖くて子供に見せられないw
●フェイクトスをミスった
 あわやファンブルでした。ただの事故だといいのですが。ただ、ほかにもCPUのQBがおろおろしてたことが1度あったので、この辺はキッチリ修正して置いて欲しいです。
●ちょっとPANCAKEが多過ぎか?(6/30追記)
 オフタックルでC、G、Tがそれぞれ同時に青天を決めましたw DLが並んでひっくり返る様に、吹いたw
 いつもそうなるというわけでもなく、ロスタックルもでていたので、ランのバランスが悪いというわけではないのですが、さすがに3人並んで青天は・・・吉本かよ。チューニングしておいて欲しいですね。
●パスアイコンが出ない(7/2追記)
 まぁこんな致命的なミスは直してくれてるでしょうが、「Noles WR Screen」でスクリーンのレシーバー以外のアイコンが出なかった。。。

 全体的にディフェンスが相当強化された感じです。こういう限界点みたいな厳しさは大歓迎!(女神転生系RPGが好きな自分はおそらくゲーム的にはMだw)
 これにカスタムプレイブックが搭載されるのだからNCAA12は大ハマリする予感がします。MADDEN12もがんばって欲しいわー。さもないとNCAA12中心に過ごすことになりそうだ。

 NCAA12のデモで暴れるThe Oregon Duck(ウソ)
Duck


 
スポンサーサイト

カテゴリ: NCAA 12

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。