09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

SFG - Strategy of Football Game - MADDEN NFL , NCAA Football

MADDEN NFL , NCAAシリーズを戦略面から楽しむためのサイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

PASS OFFENSE 虎の巻 10 (Read 3) 

 今回はパスリードの3つめ、Aggressive Readです。今回はちょっと話が長いです(苦笑)

 前回のQuick Readとは逆に、ロングパスを狙う場合のReadになります。ロングパスを狙う場合、ルートにも寄りますがほとんどの場合、レシーバーが捕球地点に到達するまでに時間がかかります。そこで、積極的にラッシュを交わして、時間を稼ぐというのがAggressive Readのキモとなります。

 具体的には、下のような流れとなります。いきなりこの流れを再現しろといっても初心者の方にはこくだと思いますので、Practiceでじっくり練習してください。
(1)パスカバーをチェックする。
(2)ブリッツをチェックし、時間を稼ぐことが出来そうかどうか判断する。
(3)サックされる危険性が高いときは、ショートターゲットに逃げる。
(4)時間を稼げると判断したときは、サックされないようにタイミングがくるまで、QBの操作に集中する。
(5)タイミングがきたらロングパスを放り込む。

 では、個別に見ていきます。

1 パスカバーのチェック
 ロングパスではパスカバーのチェックは必須となります。ZoneかManか、Cv2なのか3なのか4なのかなどなど(この見破り方は前の記事を参照してください)をチェックします。というのも、ロングパスではパスカバレッジとの相性が露骨に出るので、これをチェックしないと相性の悪いパスカバレッジに対して、ディープに投げ込んでダブルカバーでINTということになりかねないからです。
 どのカバレッジに対して、どのプレイが有効かは、研究するしかありません(この過程が楽しくなってくるとパス狂への道が開けてきますw)。このブログでも、そのうち記事にしていこうかと思っています。

2 ラッシュのチェック
 QBにどちらの方向から何人が突っ込んできているかをチェックします。「左から2人、中央から2人、右から1人!」とチェックします。。。というのはなかなか無理です。以下の方法でおおまかにつかめれば十分です。「左からブリッツが多めに入った」とかその程度でOKです。この辺は慣れというか感覚的に私は判断しています。
 <ラッシュの重さのチェック方法>
 まず、前提として、DLはラッシュにくるものと考えてください。それを前提にLBを見るのが基本です。例えば、4-3でLB1人が入ってくると5MenRushとなります(例外として、DLが下がるゾーンブリッツやセカンダリーのブリッツがあります。守る側ではこういった守備も混ぜてオフェンスを攪乱します)。

3 ショートターゲットへの回避
 Aggressive Readにはかなりの時間が必要です。コツは「あまり無理をしないこと」。時間を稼げるかなー?どうかなー?位の場合は、素直にショートターゲットに逃げるなり、スクランブルするなりしておいた方がいいです。具体的には4MenRushでギリギリ。OLと一対一になる5MenRushの場合は、厳しいと思います(もちろんDLの能力にもよります。フリーニーとマシス相手にAggressive Readをするのは結構キツイです。)

4 時間を稼ぐ
 サックを浴びないで時間を稼ぐためにはどの様な方法があるのでしょうか?考えつくものとして、
(1)ポケット内で巧みにかわす。
(2)ポケットの外に出て時間を稼ぐ。
(3)パスプロテクションを強化する。
   ・RBやTEをブロッカーにする。
   ・レシーバーをモーションさせてブロッカーにする。
 まず、(3)は事前の用意となります。単純にブロッカーを増やして対処します。ただし、HBやWRのパスプロ能力は過信しないこと。相手をちょっとつまずかせられる程度に考えておいた方がいいです。ちなみに、2Backs隊形でのパッケージに「Jumbo Backfield」というFBを2枚置くものがあり、それがRBをパスプロに回すときには有効でしょう。
 で、(1)(2)ですが、この2つは別に各々分けて考える必要はありません。ラッシュが外から包み込むようにくるときは、ステップアップして時間を稼いでもいいですし、Tがラッシャーを内向きにしっかり取っているときは、外に出て時間を稼ぐことも可能です。この辺はQBのアジリティー、アクセラレーションやスピードにもよります。最適な判断で時間を稼げるようにしましょう。

5 パスを投げる
 レシーバーがオープンになっているのを確認してパスを投げましょう。もちろんカバーされているときは、スクランブルをするか、なお粘って投げるかを判断することになります。状況にもよりますが個人的には、スクランブルの方がいいと思います。Aggressive Readで時間をタダでさえ使っていることや、しっかりカバーされているということはそれだけパスカバーに人数を割いているということであり、スクランブルをするスペースが開けていることが多いからです。
 そうはいっても、絶対に通さないといけないシチュエーションの場合は、ダメもとで投げるというのも、もちろんありですね。

6 具体例
 上の流れを、 G-Split Offset / Close Cornerで見てみましょう。
 
G-SplitOffset_CloseCorner

 
 このパスプレーのコンセプトは、縦に走るYで右のディープを守るディフェンダーを奧へ釣って、空いたスペースにZが入り込むというものです。スペースを空けるという発想に立っているので、ゾーン・カバレッジとの相性がよいです。具体的には、Cv2、Cv3の場合にはスペースが空きますが、Cv4の場合にはYにSが対処し、ZにCBが付くことになるので、おそらくZはカバーされることになるでしょう。
 マン・カバレッジに対しては、あまり有効でないようにも思われますが、Zのセット位置に注目してください。Yのすぐ右後ろにセットしています。通常のSplit OffsetはZはYから離れてセットしているのですが、このプレイに関してはZが「Close」しています。このZの位置がポイントで、YとZのルート上で、Yを見ているDBとZを見ているDBが交錯する可能性があり、お互いマークの受け渡しに戸惑ったり、ぶつかったりして、WRを離してしまうことが起こりえます。もちろんいつもそうなるわけではないんですが、思わぬセパレートをWRが取る場合もあります。

 このプレーでのAggressive Readはまずパスカバーをチェックし、ゾーンかマンかを判断します。ゾーンの場合は、Cv2、Cv3ならディープを狙う、Cv4ならHBやFBのショートに逃げるという判断をします。マンの場合は、このプレーではWRのセパレートを狙ってもいいですが、どうしても長いのが必要な状況でない限り、HBやFB、10-ydインのXを狙っても良いと思います。
 次に、ラッシャーのチェックです。時間が稼げそうにない場合には、HBやFBに逃げましょう。
 時間を稼げそうなときには、ややQB操作に注力して、うまくラッシャーから逃げましょう。このプレイは2Backsなので、それらをパスプロに回しておくのも手です。
 うまく時間が稼げたら、Zのオープンを確認して、Zに思い切って投げましょう。パスの弾道はBulletパス(弾丸パス)です。浮かせたパスだと釣られたSやCBが戻ってきてしまいます(マンでついているDの頭越しに投げるときは別)。

 以上が、Pass Readについての話でした。
スポンサーサイト

カテゴリ: PASS OFFENSE

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。