08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

SFG - Strategy of Football Game - MADDEN NFL , NCAA Football

MADDEN NFL , NCAAシリーズを戦略面から楽しむためのサイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

オプション入門 5 - Triple Option 

今回はトリプルオプションです。

 ここまで、保険の意味でのオプションであるSpeed Option、Load Option、ブロッキングの優位性を狙ったRead Optionについて、書いてきました。今回はこの両方の特性を持ったTriple Optionについて書いていきます。

 Triple OptionはDEを浮かしてキーにすることで、まずギブ(FB Dive)とQBキープを判断し、DEがQBに向かってこない場合には、オープンに出て、次のキーでHBへのピッチとQBキープを判断するプレイです。
 Figure 1で実際の走り方を確認します。

Triple Option

 まず、①スナップ直後、QBの進行方向のDEの動きを見ますDEがFBに反応して内側に突っ込んできたら、QBキープで、オープンに出てください。DEがQBを待ち構えるようにその場にステイしている(ぼーっとしているw)場合には、FBにハンドオフ(×ボタンを押したまま)をします。
 この判断をまずはしっかり出来るようにしてください。DEがFBに反応しているのにFBに持たせると、あえて浮かしているDEが横から突っ込んできます。
 次に、②QBキープしたら、次のキーを見ます。基本的に第2線の外側のディフェンダー(OLBなど)がキーとなるので、その選手の動きに注目してください。QBに向かってくるようだったら、HBにピッチします。HBに向かうようでしたら、QBがキープしたまま駆け上がります。これが基本ですが、Triple Optionは展開が遅いため、CBがWRのブロックを外し、侵入してくることも多々ありますので、その辺りは臨機応変にキープとピッチは選択してください。

 以上が、Triple Optionの走り方になります。気づいたかと思いますが、①の判断はRead Option、②の判断はSpeed Optionなどで書いたものと同じです。語弊はあるかもしれませんが、これらのオプションを掛け合わせた3WAY OptionがTriple Optionと考えることが出来るのです。
 ①でDE、②でOLBと2名の選手をQBの判断で無効化することができ、それはブロッキングでの大きな優位を示します。Figure 1でも、QBがキープした場合は、FB、RT、TEが第2線を越えて侵入しています。これはビッグゲインの可能性を示し、実際Triple Optionはかなり難しいオプションには違いないのですが、それに見合ったゲインを期待できるオプションといえます。
 これが決まるとかなりかっこいいんで、是非トライしてください。

 オプション入門ということで、5回に渡って、解説してきました。できるだけわかりやすくをモットーに書いてきましたがいかがだったでしょうか?5回分の解説でオプションは十分に走ることが出来るはずです。解説してきたオプションと名前の異なるものもあると思いますが、Speed、Load、Read、Tripleの走り方をマスターすれば大丈夫だと思います。
 これで、オプション入門は終わりますが、個別に走り方がわからないオプションがあれば、コメントください。

<まとめ>

★Triple OptionはFBダイブ、QBキープ、ピッチを選択する3Way Optionである。

★スナップ後にQBの進行方向のDEに注目。DEがぼーっとしていれば、FBに渡し、ダイブさせる。DEが内側に突っ込んでくれば、QBキープでオープンに出る。

★QBキープの場合、次のキーである第2線の外側のディフェンダーに注目。QBに向かってくれば、HBにピッチ。HBに向かっていけば、QBキープのまま駆け上がる。

スポンサーサイト

カテゴリ: Option 入門

[edit]

△page top

オプション入門 4 - Read Option 

 今回はリードオプションです。Lead OptionではなくてRead Optionです。

 その前に、、、オプション入門1のところで、オプションの狙いを保険と数的優位というお話をしましたが、この書き方だとうまく伝わらない気がするので、保険・数的不利の解消・ブロッキングをより優位に展開するの3つに分類させて頂きます。それに伴い、入門1の記事は修正しました。数的不利の解消については、入門1に付記しましたので、ご覧下さい。

 では、今回のテーマのRead Optionです。

 これまでの、Speed OptionやLoad Optionとはコンセプトが違うということをご理解ください。オプション入門の最初の記事で、NCAA12で登場するオプションの狙いには3つあるということをお話ししました。数的不利の解消は全てのオプションに共通、保険はSpeed Option,Load Option、そして残りの1つのブロッキングの優位性が今回の話になります。

Read Option 1



 まずの'Figure 1'では、Read Option との対比のため、QB Off Tackleというプレイを想定しました。このプレイでは、RTがLEをブロックすることになり、SSをHBがブロックします。RT対LEはまだしも、SSをHBがブロックするのは少し厳しいですね。

Read Option 2


 では、'Figure 2'を見てください。Read Optionのプレイですが、RTはLEをスルーしてSSに向かいます。これによりSSをRTがブロックするということになり、ブロッキングでの優位が生まれ、大きなゲインの可能性が高まります。では、スルーされたLEはどうなるのでしょうか?

 以下、Read Optionの走り方になります。

 まず、スナップを受けたらスルーされたDEの動きに注目してください(どのディフェンダーがスルーされるかはR2+右スティック上のプレイアート表示でもわかることがありますが、うまく反映されないこともあるようです。NCAAでは良い悪いは別として4メンフロントでも3メンフロントでもほとんどはDEがスルーされますが、とりあえずはプレイアートを参考に練習して慣れるといいでしょう)。DEがQBを見ている(ゲーム的にわかりやすくいえば、その場でボーッとしているw)ときは、HBにハンドオフします。HBにハンドオフするためには×ボタンを押しっぱなしにします。逆にDEがHBの動きに反応するしているときは、QBがボールをキープしてください。

 このようにスルーされたDEの動きでQBはボールをHBに渡すのか、キープするのかを判断します。つまり、QBの判断によりDEを無効化するのです。足のあるQBならRTがSSを押さえている間に、ロングゲインを狙えるでしょう。
 ちなみに、FSもただQBがOff Tackleに走る場合に比べ、反応は遅れます。

 ここまでが、原則的なRead Optionの判断です。応用としては、QBの進行方向に不利な状況が生まれている場合(例えば、この例でいうとRTが取り切れないような位置にSSが上がってきており、DEがHBに反応してもSSに潰されてしまうような危険性が高いとき(オーディブルでプレイを変えた方がいいと思います)、HBにDEに追いつかせないほどの加速力があり、進行方向が大きく開けているようなとき、そんな場合にはDEの動きにかかわらずHBに渡してしまった方が良いこともあります。

 ただ、それは応用と考えるべきで、まずはDEの動きを見て、正しくギブとキープの判断が出来るようにすることが肝心です。

 次はいよいよトリプルオプション。これまでのオプションプレイの狙いを駆使した面白いオプションです。これまで2WAYでしたが、3WAYとなります。お楽しみに。

<まとめ>

★ スナップを受けたら、QBの進行方向のDEに注目する。

★ DEがボーッとしてたら、HBにハンドオフ。DEがHBを追いかけたら、QBキープ。

カテゴリ: Option 入門

[edit]

△page top

オプション入門 3 - Load Option , Power Option 

3 Load Option (Power Option)

 今回はLoad(Power) Optです。
 Load Optです。Speed Optとの違いはキャリアーの走路上にブロッカーを先導させる点にあります。また、ブロッカーに先導させるため、QBのスタートはSpeed Optに比べてやや遅い点も異なります(ちなみに、どうやらNCAAではPower Optの場合にはQBがスナップ後、反時計回りに回ってスタートし、Load Optではバックスステップを踏んでスタートするようであるが、反時計回りに回っても、ほとんどカウンター的な要素は見られず、ゲームではあまり違いはないように思えます)。

 ポイントはキーマンを見抜いて、そのリアクションによりギブとピッチを判断することであり、Speed Optと変わらない(キーマンはほとんどR2+右スティック↑のアサイメント表示でわかる)。

*前回までキープとギブという表現を使っていましたが、今後記事にするTriple Optionで混乱するものととなるので、キープ(QBが持ったまま)、ピッチ(HBにボールをピッチする)、ギブ(FBにボールをハンドオフする)に用語を統一します。

Load Opt 1


 そこは重要なところなんですが、ブロッカーを活かすため以下のようなQBの走路の判断が必要となります。

 まず、キーマンとなるディフェンダーのうち近い選手に注目します。スナップ直後にこの選手の動きに注目し、この選手がピッチマン(HB)に食いつくようであれば、この選手の内側に切り込むように走ります(Load Opt 1)。こうすることにより、キーマンの裏を取ることが出来ます。QBはその後ブロッカーをSSに当てるように走ります。ブロックがうまくいけば、寄ってきたFSやCBに対しても1対2を作れるので、一発TDの可能性が広がります(ただ、Sをブロックさせるのが難しい)。
 SSをブロックできなくても、SSがQBに向かってくればピッチします。ピッチマンに向かっていた選手も裏を取られることで、ピッチマンを離してしまうので、大抵ピッチが通ります

 もっともSSが詰めてきているような場合には、LBがピッチマンを離しきっていないタイミングで無理にピッチすると、LBにピッチが当たったりするので、SSが詰めてきてしまったような場合には無理にピッチをしないことも大切です。

Load Opt 2

 
 これに対して、最初のキーがQBに向かってきた場合は、ブロッカーの外側を走るようにします(Load Opt 2)。こうすることにより、最初のキーをブロッカーに取らせることで、次のキーで1対2に持ち込みます。

 これが理論上の説明になりますが、このように青写真通りに行くことは正直少ないです。WRがCBを離してしまいCB割り込んでくることも多いですし。ただ、このような判断基準にそって練習することで、Load Optも大きな武器になっていくと思います。
 

<まとめ>

★Load Opt、Power Optはリードブロッカーのついた2way Optである。

★キーマンの動きによりQBの走路を決める。QBに向かってきたときは、ブロッカーの外を回るように、走りブロッカーをキーマンに当ててしまおう。
 ピッチマンに向かってきたときは、キーマンの裏を取るように切り込む。切り込んだ後は、ブロックをSに当てるように走ってみよう。ブロックできなくてもキーマンはピッチマンを離しているので、ピッチをすることもできる。

★ブロッカーがついている分、ゴチャゴチャしやすいので、無理なピッチはしないようにする。

カテゴリ: Option 入門

[edit]

△page top

オプション入門 2 - Speed Option 

2 スピードオプション(Speed Opt)

*お断り:私はスピードオプションはDEを浮かしてキーにするオプションと思ってましたが、NCAA12ではスピードオプションはDE浮かすプレイは収録されていないようです。個人的には、DEを浮かすスピードオプションはかっこいいし、是非収録して欲しかったんだけども。。。ないとは思いますが、これを参考にしてリアルでプレイしないでくださいw
 
 キープorピッチの2WAYオプションの中でも、最も単純なオプションプレイがスピードオプションです。判断を求められる場面が少ないオプションですので、まずはこのオプションから練習すると良いと思います。

 スピードオプションの例を示します。

Speed Opt 1


 まず、QBはスナップを受けた直後にプレイサイドに走ります。(この後のパワーオプションとのQBの動きの違いは、パワーオプションではQBがスナップ後に反時計回りをしてブロッキングができあがるタイミングを待つのに対し、スピードオプションはスナップ後すぐにスタートしラインの外側を突く点にあります。)

 では、キープかピッチかはどのように判断するのでしょうか?これの判断基準となるのがキーマンです。キーマンがQBとHBのどちらに反応しているかを見極め、キープとピッチを決めます。(なお、CBに止められてしまうこともありますが、CBをWRがしっかりブロックすることを前提としています。そういう意味ではオプションプレイにおいてWRのブロック力はとても重要です)

 ここで、キーマンはどう見たらわかるの?という疑問が当然わいてきます。リアルでは習熟の時間も必要となってくるのですが、NCAA12はゲームですのでそんなことを勉強する時間ももったいないですね。

 「R2+右スティック上」でプレイアートが見られます。ブロッキングアサイメントを見てください。FSにはブロックの記号が伸びていないと思います。つまり、プレイアートでブロックの記号のない選手がキーとなるのです。これはオプションプレイで最重要なので覚えておいてください。
 慣れれば見なくてもわかるようになりますが、慣れないうちは確認する癖をつければよいと思います。
 なお、LBに対するブロッキングの記号はプレイアート表示では伸びていませんが、GがDTに当たった後、前のLBを取りに行きます。この辺はちょっと不親切なところですね。

 'Speed Opt 1'の図で実際の走り方を見てみましょう。この場合のキーマンはFSです。QBはラインの外側を目指して走るのですが、膨らんで走らないことがポイントです。TはDEを外側にリリースしないようにブロックするのが理想です(Speed Optでラインの外側の選手の役割は非常に重要です)が、膨らんで走ってしまうと、DEがすぐに外側に出てきやすくなります。特に3-4と対峙する場合のOLBは角度がついているので、ここは意識してください。オプションというとかなり膨らんで走る方をよく見ますが、Speed OptについてはCギャップに向けて直線的に走る意識を持ってください。

 次にキーマンFSと対峙する場面(A)ですが、これは簡単でFSがQBに向かってきたら、ギブ(ピッチ)、HBに向かって行ったら、キープをします。対人戦だとうまい人はFSに操作を切り替えて、QBに突っ込むふりをしてHBに行ったりします。ここは人同士の勝負なので、L1のピッチフェイクなどを使って翻弄しましょう(難しいです)。傾向からするとピッチされてHBに走られるほうが怖いという意識から、HBをカバーしに行く傾向が人にはあるように思います。

 以上が原則ですが、ちょっとした応用を。

 この図ではBのところですが、LBがラインの外側を回ってきた場合、DEをTがすぐに外側に離してしまった場合、そんなときはBギャップ(TとGの間)でキープしましょう。そのまま第2線を突破すればFSとの1対2の状況が生まれます(そこまでたどり着くことはそれほどありませんが)。

Speed Opt 2


 また、'Speed Opt 2'を見ていただくと、NBがプレイサイドに配置しており、キーマンが2人という状態といいましょうか、NB、FSがカバーされない状態となっています。この状態でプレイを開始しても、2対2の状態になり、ビッグゲインは望めないどころか、上がりが速いとロスタックルになります。そこで、FLをモーションさせて、ブロックさせてください(この場合、FLはFSをブロックに行くようです。NBをブロックすることもあります。なんだかこの辺は曖昧な作りですが、そこはゲームだし、妥協しましょうwなお、FBをモーションさせるとなぜか内側に走り出し、LBをブロックに行ってしまうようで役に立ちません・・・)。そうすることにより、キーマンのNBで判断をすればよく、そこを抜ければFSもブロックされていて、TDになる可能性があります。このように“キーマンが2人いる状態の場合”はブロッカーをモーションで増やしてあげるとよいでしょう。


 

<まとめ>

○Speed Optは展開の速い2WAY Optである。

○QBは外に膨らんで走らず、ラインの外側に直線的に走るようにしよう。

○キーマンをよく見て、キープかピッチかを判断する。キーマンはプレイアートを参考にして判断しよう。Speed Optではブロックされないプレイサイドの外側の選手がキーマンとなる。



次回はパワー(ロード)オプションです。

カテゴリ: Option 入門

[edit]

△page top

オプション入門 1 

 私の中の予定では、パスの記事をやはり書いていこうかなと思っておりましたが、NCAA12で初めてカレッジフットボールのゲームに挑戦しようという方も多そうですので、MADDENとNCAAのプレイにおける大きな違いであるオプションにスポットを当ててみたいと思います。オプションの走り方がわからない方の試金石となればいいかな。

 オプションプレイというとなんだか複雑そうなイメージを持たれると思います。たしかに、オプションの各種解説を検索するとアメフトゲームをライトに楽しむためにはあまりに重く難しいものがネットにたくさん出てきます。
 アメフトを実際にリアルにプレイしようとするのであれば理解する必要はありますが、気軽に楽しむためにはそこまで必要ありません。このブログの記事では、オプションを出来るだけ簡単にプレイする方法を紹介していきます。

 オプションプレイには独特のおもしろさがあります。これから触れていきますが、ランともパスとも違う状況判断がオプションプレイのキモであり、楽しさです。是非こちらの記事を参考にしていただいて、オプションプレイが漫然とキープ(QBが持ったまま走る)かギブ(HBやWRにボールを渡す)を判断しているのではないことを理解していただければと思います。NCAA Footballをより楽しみましょう。

1 オプションプレイの狙い

 オプションとは保険という意味です。AがダメだったときはBでゲインしようということです。
 もちろんこれも重要な狙いですが、もう一つ重要な狙いがあります。それは本来ブロックすべきディフェンダーをブロックせずに状況判断により無効化することでオフェンスのブロッキングにおける優位を作り出そうという点にあります。
 
 前者にはスピードオプションなどがあり、後者にはリードオプションなどがあります。そして両者の狙いを持ったトリプルオプションなどもあります。

 そして、最後に数的不利の解消という点があります。これは全てのオプションにいえることです。

Option 1

 単純にHBがOFF Tackleに走るというプレイです。(本来ですと逆サイドのGがプル(逆サイドに流れてきてブロッキングに参加する)するのでしょうが、比較のための架空のプレイということでご承知おき下さい。)この場合、ブロッキングが成功してもHBがFSとSSを相手にせねばならず、1対2の数的不利が生じてしまいます。なぜ、このような不利が生じるかというと、ランプレイではQBはボールを渡すだけで事実上プレイに参加しないからです。

Option 2


 オプションプレイではQBがボールキャリアーとしてプレイに参加します。Figure 2ではQBとHBのボールキャリアー(となる可能性がある者)とFSとSSの2対2の状況が生まれます。2対2で有利ではないですが、不利な状況は解消されています。

 つまり、オプションプレイではQBがプレイに参加するため数的な不利が解消されるのです。これは全てのオプションにいえる特徴です。

カテゴリ: Option 入門

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。