05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

SFG - Strategy of Football Game - MADDEN NFL , NCAA Football

MADDEN NFL , NCAAシリーズを戦略面から楽しむためのサイト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

TEXANS 24-7 REDSKINS (PS3-OF) &パッチ#3の感想 

 PS3でオンラインフランチャイズの運営をしてくださっている六さんとの対戦。先の対戦で敗戦をしていたので、気を引き締めて臨んだ。

 この試合ではディフェンスの活躍が目立った。LOLBカッシングが3サック、ROLBバージェスが1INTと活躍。特に、カッシングのブリッツは効果的だった。反対側に逃げてもスターDEマリオ・ウィリアムズがTをはずして突進してくるので、カッシングはHOUのディフェンスの重要なファクターになりそうだ。カッシングの他、デメコがブリッツに参加したり、逆側のバージェスがブリッツにいったりと、3-4の特性を生かしたディフェンスがうまく機能して、相手QBマクナブにプレッシャーを与え続けたのが、良かったといえる。
 オフェンスには改善点がみえる。どうも10のイメージが抜けず、ボールをポケット内で持ちすぎる。10より確実にライン崩壊が早いので、サックぎりぎりで投げて投球が乱れあわやINTという場面が2度ほどあった。あまりにもバーティカルストレッチに頼ったオフェンスでは11では苦労しそうなんで、そういったプレイの数やタイミングは見直さなければならなそうだ。上の2度のミススローがINTにつながっていたら、難しい試合になっただろう。

 ちなみに、試合前にタイトルアップデートがあって、maddenはゲームバランスが調整されている。この1試合の他もう1試合しかパッチ後行っていないで、参考程度にしてほしいが、次のような点が変わっているかな。

O パスカバーは改善。特にマンカバーではDBがうまく対処している場面が増えた気がする。まだまだ大きく抜ける場面はあるが、実際にもそんな場面には多々遭遇するし、バンプにいって外されてセパレーションをとられるのはある意味当然でもあるので(逆に完全にルートに出られなかったり、ルートを走れなかったりすることもある)、パスカバーのバランスはかなり改善されているようだ。マンカバーも戦略に組み入れられるレベルになっていると感じる。

O ディープカバーも改善されている。反応が良くなった感じだ。しかし、まだ少し甘いかな。特にディープミドルね。スナップ後むやみに後ろに下がってLBの後ろを大きく開けたり、逆に簡単に裏に抜けさせてしまうことのあるSは改善してほしい。もう少し賢いSを希望。


O ラッシャーにOLが耐えられる時間が短くなった気がする。私みたいな大砲打ちまくりタイプには厳しいがDEがTをうまくかわして、サックするのはかっこいい。よいラッシャーがいるチームでは彼を生かすようなブリッツスキームを構築するのはディフェンスの一つのポイントになると思う。逆にロングパスを狙う際には、ロングターゲットを狙うのか、ショートターゲットに逃げるのかの判断に速さと正確性が求められると思う。スターDEやOLBがいるチームはコンサバティブに守って、彼らの能力でカバレッジサック(カバーが厚いためターゲットを見つけられずサックされること)を狙うというのも有効な戦略だ。

O むちゃくちゃなセカンドエフォートが少なくなっている。しっかりタックルが決まる感じだし、高校生みたいなパシュートの角度で後ろに抜けられることはかなりなくなってるんじゃないかな。

X キックのゲージが恐ろしく遅くなっている(最初見たときバグったと思ったw)。ラグ対策かもしれないけど、こういう対処法はまずい。キックゲームに緊張感はまったくない。

X キックが飛ばなくなった。正直飛びすぎなところはあったのかなと思うけど、今度は飛ばなさ過ぎる。上のゲージの遅さとも対応する変更だろう。

スポンサーサイト

カテゴリ: オンライン対戦

[edit]

△page top

GEORGIA 31-24 GEORGIA TECH (PS3-OD Week2) 

 オンラインダイナスティでもっとも過酷であろうと予測されるWeek 2のGT戦。
UGA-GTという伝統のライバリーゲームはGTホームで行われ、完全アウェー(NCAAではパスルートがうまく表示できなかったりそういう楽しいアウェーの演出がある)の中、UGAは貴重な一勝を手にした。

 GTといえばオプションアタック!そしてそれを操作するのは日本人でおそらく最強のオプションの使い手のbacksさん(あきさんのNCAAブログでオプションの解説をしてたりする)。ちょっと前のランク戦で大敗してたこともあり、たぶん勝てる確率は2割ほどと割り切って臨んだのが良かったかもしれない。
 テクニカルな面からいうと、オプション対策として大敗のときに未研究のまま採用した4-3,4-4は捨て、馴染み深い3-4で臨んだ。詳細は申し上げられないが、ランに強い3-4 Solidまたは5-2でフロントの力を上げ、FB DiveにはDLで、QBキープはILBで(あわよくばDEかOLBがロスでつぶす)、ピッチマンにはCBだけでなくSも積極的に対処していくという方針でSの位置を調整しつつ、プレイ選択もそれらが活きる方向で行った。この対策はそこそこうまくいったと思う。次第に対策の弱点をつかれてプレイアクションでビッグゲインを許す場面もあったが、総じてディフェンスは良くがんばった。
 オフェンスも最初のシリーズでやや無理目のロングパスをINTされたことから、ショートパスとドローでコツコツと進んでいくという戦略に転換したことが功を奏したように思える。オンフランですーさん対策として広まってしまった10カバーも再三登場したが、NCAAは結構ドローが出るし、コンテインDEが超反応ということもあまりないので、うまく対処ができた。
 ここからCPU戦が続くが、NCAAのCPUは油断ならんので気を引き締めていきたい。

カテゴリ: オンライン対戦

[edit]

△page top

GEORGIA 21-17 TEXAS (PS3-OD Week1) 

 記事を更新できなくてすみません。
 仕事の合間に書くブログのため、仕事が忙しいと更新できません^^;
 ちょっと今は昼間がアホみたいに忙しいので、なかなか厳しい。

 で、そんな中、オンラインダイナスティWeek1が終了。
 結果はGEORGIA 21-17 TEXASで勝利。
 なんとこの試合はパスを6回しか投げず。。。しかも6回中5回がロングパスwで、うち3回成功して、97ヤード獲得。しかも、レシービングはブラウンの3回97ヤードw
 この試合はもともとランとオプションで前へ釣ってロングに投げるというコンセプトだったんでそれはうまくいったんだけど、予想以上にTexasが前に出てこなかったんで、ランとオプションばかりになった。
 4th失敗もあったけど、結果勝てたからいいや。ひろたかさん、堅実な攻めでかなり手ごわかったです。

 次は、PS3オンフランのコルツ戦だな。maddenをほとんどやってないので、どうなるか非常に心配。。。

カテゴリ: オンライン対戦

[edit]

△page top

ONLINE FRANCHISE / ONLINE DINASTYのチーム決定! 

 ちょっとこのところ仕事が忙しくなってきており、合間にブログを更新するという作業が出来なくなっています(合間にやるなよということですが・・・)。来週からはまた記事の更新が出来ると思います。

 今年もオンラインフランチャイズの季節がやってまいりました!今年はMADDENだけではなくNCAAのオンラインダイナスティーにも参加します。それぞれの結果やポイントをこちらにも書いていきたいと思いますので、今回は使用チームの紹介をさせていただきます。

★MADDEN 11(PS3) ONLINE FRANCHISE >>> HOUSTON TEXANS★

 PS3ではMADDEN10でも使用していたチームです。LIONSを第1希望にしていましたが、抽選でもれてしまい、またもHOUのお世話をすることに。
 オフェンスの特徴はなんといってもパス!MADDEN10ではロングパス偏重型のオフェンスを展開した。11でも基本的にはこの方向で行こうかと思う。まぁ、操作者がパス狂というのもあるんですが、そもそもおそらく32チーム中最下位ではないかと思われるオフェンスラインと平凡なバックではランで攻めること自体無理。今年もショーブ・ジョンソンのホットラインを中心にパスで攻めていく。
 ディフェンスは正直弱い。その弱さに4-3のチームを3-4に仕立てて使おうとする操作者のこだわりが拍車をかける。スーパーマリオとクッシングとデメコ。彼ら意外は見るところがなく、とくにCB陣は最低クラス。なんとかトレードで補強したいが、CBはだれも出したがらないので、今年もマンカバーで苦労することになりそうだ。
 
 使用チームがパス意外どうしようもないということ以上にやばいのが、私がMADDEN 11を全くといっていいほどやっていないことだ。例年ならプレイブックの中身を把握して一応の戦略を立てるころだが、今年はプレイブックすら決まっていない。だって、NCAA 11がおもしろすぎるんだもの。MADDENも面白いのでやるけど、とりあえずパッチ待ち。パッチ来たら本格的にやります!

★NCAA FOOTBALL 11(PS3) ONLINE DINASTY >>> GEORGIA BULLDOGS★
 
 チームロゴがパッカーズのパ○リではと疑われるチーム。しかし、実力はなかなか。TOP25外のチームではあるが、実力は高い。チームの最大のストロングポイントはWRのA.J.Green。オールアメリカンで高さ・速さ・うまさを兼ね備えた次世代スーパーWR。彼を最大に生かしたいところだが、QB陣のパスアキュラシーがあまり高くないため、結構な確率でミススローが発生してしまう。MADDEN 10の箱フランで愛用していたスタ坊ことスタッフォードはGEORGIA大出身。ミススローとかスーパーWRがいるとかなんとなく状況が似ているのは何かの縁か!?
 しかし、違う点が2つある。一つ目は、OLとHBが相当強いこと。HB Kingは速くて強い。タンデムを組むHB Ealeyはスピードバック。OLもそこそこは強いのでランも「操作者が走る気になれば」結構出る。もう一つは、QBがTENのヤング並に速いということ。オプションプレイには結構重要なことで、抜ければLB程度ではなかなか追いつけない。
 ディフェンスはすべてのポジションがまんべんなく平均より上くらいに強いという感じ。BacksさんのFlexboneからのオプション乱舞やネイチャーさんのゴリゴリランがかろうじてとまらない残念なレベル。基本的に点を取られてもそれ以上に取り返して勝つというのがコンセプトだ。
 あとは、使うPBがGEORGIAではなくて、UTAH STATEということは特徴。Ace,I,Flexbone,Wishbone,Pistol,Gunがすべて使えるという超ミーハーな変態仕様のPB。この変態PBを使って、ラン、オプション、パスをうまく配合して、的を絞らせないことが重要だと思っている。MLBとかFBが卒業で無人状態になるんで、しっかりリクルート活動をして次年以降につなげていくことも重要だ。

カテゴリ: オンライン対戦

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。